あーりーの自律神経

あーりーの自律神経

うつ病、パニック障害経験者によるメンタル、健康を保ちたい方のための心を癒す情報収集所

トラウマ克服法!恐怖へ立ち向かうことが難しい君へ

 

こんにちは!

 

 

最近一気に気温が下がって秋めいてきましたね。

私は寒いのが嫌いなので地球さんにはほどほどの温度の夏を保ってーとお願いしたいのですが笑

 

f:id:chelee:20180910181937p:plain

 

人間、暑さはイライラと錯覚して、寒さは不安と錯覚してしまうそうです。

 

 

最近やたら不安を感じてしまうのは寒さのせいなのかしら。

と考えてみたりします。

今回はトラウマについてお話ししていきたいと思います。

 

私にはあるトラウマがあります。

それは職場です。

 

前の職場でいろいろあったいらいオフィスがトラウマになっています。

今でも求人票をみると心臓が早まりますし、オフィスをテレビドラマで見るものつらいほどです。

夢に前の職場が出てきます。

 

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

時が解決してくれると思っていたのですが働いていた時の恐怖は消えないのです

 

 

トラウマを消す方法があるならば知りたい

そう思いますよね

 

 

 

トラウマを消す唯一の方法は

トラウマがあったことを良いイメージに塗り替える

ほかないと思っています。

それか記憶喪失になる くらいですかね笑

 

 

 

トラウマを消すにはトラウマに向かっていかないといけません。

 

パニック障害の克服に認知行動療法があります。

 

認知行動療法なかに有名な森田療法というものがあるのですがありのままを感じ不安なまま不安に飛び込むことで徐々に不安が薄らいでいくといったものです。

 

 

chelee.hatenablog.com

 

電車がこわいだとか、閉所が怖いという感覚は私自身パニック障害を経験しているためわかりますし、ちょっとずつ挑戦していくことで回復傾向にありあます。

 

 

chelee.hatenablog.com

 

しかし、職場への恐怖心だけには立ち向かっていく勇気がどうしてもでません。

 

THEオフィスって感じのところは無理でも日常でよく使うお店なら働けるんじゃないかとか考えたのですが、勇気が出ずにいます。

 

 

トラウマが飛行機だとかお祭りとかピンポイントなものだとすると回避して生きていっても問題ないじゃないですか。

 

 

でも生きる上で主軸になる「外で働くこと」がトラウマになってしまった今、結構悩みますよね。

 

宝くじが当たったら悩みが解消されますけど、一発逆転の方法は置いといて笑

 

 

もともと私は働くことにおいてネガティブなイメージをもっていない学生でした。

むしろ早く働いて自分でお金を稼いで自立するんだとわくわくしていたくらいで。

 

ポジティブなイメージだった働くイメージを パニック障害になって人込み、閉鎖空間が苦しく感じてしまう状況の時に激務が重なって普通よりも深く心にトラウマがついてしまったんだと思います。

 

 

自律神経が不安定だと恐怖を感じやすくなるというのも事実ですしトラウマがつきやすい状況が見事に重なった。

 

 

 

そんな感じでどうにかして働くことのイメージを変えられないかと思っていたところノマドワーカーという言葉を小耳にはさみました。

ノマドワーカーとは簡単に言えば場所にしばられずに働くことだそうです。

 

 

オフィスが苦手な私にとって良い働き方なのではと思いました。

今取り組んでいるのはWebライターの仕事です。

ランサーズからクラウドソーシングでお仕事をもらっている状況です。

(気になったった方はどうぞ↓)

クラウドソーシング「ランサーズ」  

初月は満足に受注できなかったと思っていたのですが4万円ほど手元に来ました。

微々たるお金ですが自分の文章がお金になるって素敵だしお金以上に達成感を得ました。

 

f:id:chelee:20180708221047p:plain

 

Webライターで食っていけるかは謎ですが、今の私には合っている働き方なんじゃないかなと思っていて。 続けてみようかなって思います。

 

 

 

 

 

トラウマの話に戻りますが、ほんとーーーにつらいのなら逃げても良くないですか?

 

f:id:chelee:20180702134729p:plain

甘えですかね?

労働が嫌なわけではなくて、むしろしたくて、でもオフィスがトラウマってだけ。

私はもともと我慢強くて嫌なこともこなしていける性格だったのでこれ甘えと言い難いなと少し思っているところもあります。

 

 

自分の気持ちに素直になって自分がわくわくすることをしてみてもいいですかね。

 

 

実は昨日親に直接言われてわけではないのですが、 「いつも家でだらだらしていて・・」 と聞こえてきたのです。

 

 

 

まあ、私のことを言っていたのかは定かじゃないのですが、正直へこみました。

私だって好きで家にずっといるわけではないのだから。

OLさんになりたかった私ですが、オフィスが怖い。

 

 

 

将来生計立てられるかなんて不透明でも「今」挑戦してみたいことが見つかりました。

ノマドで生計を立てられるのか!不確実だからこそ挑戦してみたいのです。

 

いつ周りに打ち明けようか悩んでいますが、もし批判されようと自分の意志を貫いていきたい。 私は作家の朝井リョウさんが好きなのですが、朝井さんが

 

「自分らしく生きるには自分で選択することを繰り返していくこと。正解の道なんてなくて選んだものを正解にしていくしかない」

 

 と言っていました。

f:id:chelee:20180720182027p:plain

 

 

 

パニック障害になったこと、うつ病になったこと新卒で入った会社を辞めたことを選んだことを正解にしていくために今を生きるのです!

 

 

トラウマを解消するには立ち向かうこと。

それがどうにもできそうにないなら、手段を変えろ!

これが私の結論です。

 

以上、読んでくださってありがとうございます(=゚ω゚)ノ

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

 

 

関連記事

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 


カウンセリングって効果があるの?状況を言語化することの意義

 

こんにちは。あーりーです。

 

今回は実際にカウンセリングを受けてみてどのように思ったか、効果はどうだったのかについて書いていこうと思います。

 

突然ですが、カウンセリングをうけたことありますか?

 

カウンセリングは精神疾患にかかった人が受けるイメージがありますよね。

しかし、外国では悩みがあって気分が優れない時や話相手が欲しい時など精神疾患でなくても気軽にカウンセリングを受けることができます。

 

日本でも気軽にカウンセリングを受けられる文化が根付けば、精神疾患が減るのではないかと思っています。

 

そう思う一方

 

正直カウンセリングって話すだけだし効果があるの?('ω')

と、カウンセリングの効果については半信半疑でした。

f:id:chelee:20180601183531j:image

カウンセリングを実際受けてみての独自の考え、感想を述べていきたいと思います。

 

カウンセリングを受けることになった経緯

 

f:id:chelee:20180814173626p:plain

 

 

始めは特にカウンセリングに興味をもっていたわけではありませんでした。

 

 

人と話すことが飛び切り好きというわけではないし

人と会話する時はどちらかというと聞き手になることが多いため、人に話すことがストレス発散だとか症状の改善につながると思っていなかったからです。

 

それでもうつ病を治す手掛かりになればいいと思い、カウンセリングを受けることに決めました。

 

 

心療内科の先生には

「カウンセリングは人によって合う合わないがある。とりあえず一回受けてみようか」

と言われました。

 

カウンセリングの料金について

 

わたしは通院している心療内科に勤務しているカウンセラーさんにカウンセリングをしてもらいました。

1回30分500円、一時間1000円

といった感じでした。

カウンセリングってすごく高いイメージだったのですが、思ったよりリーズナブルですよね。

 

一方、病院外で受けるカウンセリングは一回4、5千円かかることが多いです。

 

 

病院に勤務しているカウンセラーさんから受けるカウンセリングは安価なことが多いので気軽に一回挑戦してみると良いと思います。

 

どんなことを話すのか

どうしてその病気になったのか経緯を簡単に話しました。

仕事のこととか

何をしているときが一番楽しいのか

どんな自分になりたいのか

をざっくり聞かれました。

 

仕事の話しでは

「それはあなたが悪いのではなくて会社がどう考えてもおかしいよ

同期が仕事をやめていないの自分はやめてしまった

ということを落ち目にかんじてはだめ。辞めていないということはみんなそれほど大変な仕事をしていないんだよ。」

 

と言われたことが印象に残っています。

 

「今は仕事とか考えずに楽しいと思えることを見つけましょう。」

 

これはよく先生にも言われますね。

カウンセリングをうけた結果

 カウンセリングを受けた後、

 

とてもぐったりしていました。

 

f:id:chelee:20180630205732p:plain

過去の苦しい記憶をさかのぼって話すのは結構つらいことですし、嫌なことを鮮明に思い出してしまう。

もともと自分のことを人に話すのが苦手だったため人にいろいろ知られることがつらいことだったのかもしれません。

 

自分にとって負担になると思ったのでわたしはカウンセリングを辞めました。

でもカウンセラーの方は良い人だったし、もしカウンセリング行きたいなと思える日が来たらまた行ってみたいなと思っています。

 

正直カウンセリングをすることでどんな効果があるのかわからなかったため、カウンセラーさんに

カウンセリングする意味ってなんなの??

と聞いてみました。

 

話すことによって当時のことを考えて整理できる

その物事を話すことによってカウンセラーと自分の意見が混ざって思考を変えることができる

 

 

歪ん考えを正しい方向に導いてくれる

認知行動療法であり、カウンセリングです。

 

カウンセリング=ブログ??言語化することが大事

 

f:id:chelee:20180814173837p:plain

わたしはカウンセリングってブログみたいだなって思っていて。

 

中学生の頃からブログはずっと続けているんです。

楽しいことがあったらそのことを写真をつけて日記として使っていました。

振り返った時に読み返すとその気持ちがよみがえるようで好きなんです。

 

友達に読んでもらってこの記事楽しかったよと言ってくれるのが嬉しかったり、

どうやったら面白い表現になるのか考えている時間も好きです。

 

何か悩んだ時もブログに書くことが多かった。

悩みを人に書いてもらうのが嫌いで・・・

 

 

「自分の機嫌は自分でとる」

人に言いがかりをつけることも、愚痴を言うこともしないと決めています。

 

素直に気持ちを表現せずに我慢してしまう性格だからこそ内に秘めて認知が歪みやすいのだと思います・・・

 

 

人になんでもぶつけて、あれ何に悩んでたっけ??

 

って性格だったらうつにならなかったと思うのですが。

 

 

 

・自分の気持ちを整理できる

 

私の昔から人に話すことよりもブログに自分の気持ちを書く過程で頭の中が整理されるということを自覚していました。

ブログを書くことで自分の考えが前向きになっていきます。

 

初めは否定的なこと書いていたのにブログの終わりに従ってなぜか決意表明みたいに前を向いている。

 

明らかにこころが晴れ晴れしている。

 

 

・過去の立ち直った経験から前を向く方法を学ぶ

 

今まで悩み事をどうやって自分は解決していったのかを過去の自分から学ぶのです。

 

あ、この時こうやることで乗り切れたのか。と過去の自分に関心させられたこともよくありましたし、過去の私は自分にとって一番のポジティブ先生になってくれます。

 

わたしにとってカウンセリング=ブログだった

ということに気づきました。

 

カウンセリングはわたしにあまり合っていなかったと思うもですがブログは性に合っている。

 

人によって合うものが違うのでいろいろ試してみる必要があると思います。

 

カウンセリングにしろブログにしろ気持ちを言語化することは脳に良い

と思います。

 

カウンセリングにいったことない人は行ってみてほしいし

人に話すのって苦手だなって人は

簡単に日記を書いてみるのもいいと思います。

字を書くのが苦手な人はブログを書けばいいし

人に見られるのが恥ずかしいと思ったらメモ帳に残しておけばいいのです。

 

自分と見つめ合う時間って大切だなと思いますし、意識して作ってあげなればいけないなって思います。

 

 

 

関連記事

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

 

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

chelee.hatenablog.com

 

うつ病は再発する?薬だけではないうつ病の治し方

 

うつ病は完治しない、再発するなんてよく聞きます。

それって本当なの?!そんなの悲しくない?( ;∀;)

自分のうつ病体験をもとに考えていきたいと思います。

 

 

 

 

実際のうつ病の再発データをみてみても再発率は高いそうです。

 

 

 

 

だれもうつ病を再発なんてさせたくないですよね。

どうしてそうなってしまうのか・・・

 

 

それは、

1.休養が不十分なうちに無理をすること

 

f:id:chelee:20180808165450p:plain

2.薬である程度症状が治まっても認知の歪みが治ってないからため同じ状況をつくってしまうこと

 

f:id:chelee:20180630205732p:plain

 

 

であると思っています。

 

 

 

 

 

 

1.休養が不十分なうちに無理をすること

 

うつ病が長引く原因は

少し良くなってきたけどまだ休養が必要な時に無理をしてしまうことが原因と言われています。

 

回復するともう大丈夫だと思う気持ちはとてもわかります。

 

 

 

うつ病は骨折に例えられることが多いです。

 

f:id:chelee:20180808164617p:plain

 

骨がようやくくっついたときに全力疾走したらまた痛めるのは誰もが言わずとしても分かりますよね?

 

うつ病は目に見えないため状況がつかめず、骨がようやくくっついたばかりの時期に全力疾走してしまう。

これがうつ病の再発なんだと思います。

 

 

骨がくっついたばかりの時に全力疾走を繰り返すと骨がくっつきにくくなってしまう。

うつ病が再発しやすくなってしまうのも同じです。

 

骨折はレントゲンを見ればわかりますが、うつ病は治り具合が見えないというのが難しい。だから失敗をしてしまうのですよね('ω')

 

 

ですから、うつ病は再発しやすいのではなく、リハビリせずに全力疾走した結果である。

 

リハビリをちゃんとすればうつ病寛解のレベルを維持することが可能と思っています。

 

 

 

2.薬である程度症状が治まっても認知の歪みが治ってないためまた同じ状況をつくってしまう

 

うつ病の治療には薬はとても大事な役割を果たしてくれます。

 

精神のお薬は危険なイメージばかり先行して飲むのをためらう方も多いかと思いますが、処方された薬は飲むべきです。

 

 

薬を飲むと気分の落ち込みは改善され気持ちが軽くなりました。

 

 

自分に合った薬が見つかると回復しますし、

断薬に成功し薬に頼らなくても気分の落ち込みが少なくなった

 

という状態にまで回復し寛解にたどり着くことができた方、

心からおめでとうございます。(*'ω'*)

 

 

 しかし、寛解しても認知行動療法を怠ってしまうと再発の恐れがあると考えます。

 

 

精神疾患にかかりやすいタイプ

 

 

 

chelee.hatenablog.com

 ここにも記述しているのですが、うつ病になりやすい性格というのがどうしてもあるんですよね。

 

 

 

 

わたしはすべて当てはまっているので

風邪を引きやすい体質、インフルエンザになりやすい体質などあると思いますが

私はうつになりやすい体質(性格)であると自覚しています。

 

 

わたしは小学生の時に強迫神経症という病気にかかりました。

 

chelee.hatenablog.com

 ここに少し書いているのですが、強迫神経症と共にうつ病にかかっていたのではないかと振り返ると思います。

 

希死念慮は襲ってくる、朝体調が悪い日が続く、毎日涙が出るなどなど

 

chelee.hatenablog.com

 

 

 

しかし、強迫神経症は治りましたし、当時のうつ病の症状も楽しく毎日を過ごすことによって消えました。

 

 

就職活動によってストレスがたまりパニック障害になり、うつ病になってしまったのは自分の性格のせいだと思っています。

 

 繊細な性格、

ストレスのコーピングが下手ゆえにストレスがかかる状況に極端に弱い

 

 

そういう方はうつ病にかかりやすい体質なんじゃないかと思います。

 

 

ですから、一度寛解しても歪まない考え方をしていかないと

再発する確率が高くなってしまいます。

 

 

うつ病は再発しやすいというよりもともとうつ病にかかりやすい性格の人がいて、

ほかの人よりも自分と丁寧に向き合っていかなければならないよ

 

ということなんだと思っています。

 

 

 

chelee.hatenablog.com

 ここに認知の歪みを治すためにやっていることを書いています。

 

認知の歪みをとるのによく使われるやり方は

カウンセリングだと思います。

 

カウンセリングは向き不向きがあると言われていますが、

一回カウンセリング受けてみてください。

合わなかったら合わなかったでいいので。

認知行動療法は大事です。

 

私は合わなかった人間なのですが笑

 

そんな人にもおすすめなのはブログを書くことです。

気持ちが言語化できるブログは気持ちを整理するのに役目を果たしてくれます是非始めてみてほしい。

 

 

文章を書くこと自苦手だわ・・・という人は見るだけでもいいと思います。

前向きな考え方を見て、「あ、こういう考え方もあるのか」と思うだけでも認知の歪み改善に効果があります。

 

もちろんブログだけじゃなくTwitter、インスタグラムを見るのもグット!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うつ病にかかりやすい性格なんて厄介だな・・・

自分は思うのですが、

 

うつ病になりやすい人は

 

・優しくて、温かな人

・純粋で、繊細な人

・細いけれど芯がしっかりした人 ・責任感のある人 

 

素敵な人間です。

 

うつになってしまった自分

ではなくて

うつになれた自分

 

f:id:chelee:20180708221047p:plain

と認知の歪みをとってポジティブに考えていきましょう♪

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

 

関連記事

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

 

パニック障害発症から2年|外出を克服する方法【体験記】

 

こんにちは。あーりです!

パニック障害発症から2年が経とうとしています。

今まで外出が疲れるし不安だ・・と思っていた私がこの夏外出が少しずつ楽しくなった話をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は「平成最後の夏」なんて言われていて例年より「なにかしないといけない」なんて、せかされている気がしています。

f:id:chelee:20180807151435j:plain

 

平成最後の夏だからなにかしなくちゃではなく、

毎年今年の夏は一回しか来ないのだから今年の夏が特別なんてことはないんですよ。

 

 

でも、夏ってみんなレジャーにお出かけして楽しそうにしているから、冬と比べて行動しないと人よりかなり損した気分になります。

 

だからこそ、パニック障害で外出が嫌いになってしまった私にとって余計にみじめに感じてしまう季節になってしまっていたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

私がパニック障害を発症したのは二年前の夏でした。

原因は就職活動の不安と緊張多寡な状態からくる不眠、自律神経の乱れによるものだと考えています。

 

 

chelee.hatenablog.com

 

それから二年経つ今年の夏はどう変わっていったかをお話しします。

 

 

県外の海へ出かけることに成功

 

パニック障害にかかった当初は近くのスーパーに行くことも苦しい状態でした。

しかし、徐々に行動範囲を広げていく中で今年は旅行に行くことに成功しました。

 

 

どうやって旅行に行くことができたかこの記事に書いています。

chelee.hatenablog.com

 

 

 

夏と言えば海やプールに出かけることを毎年目標にしています。

 

f:id:chelee:20180807151641j:plain

 

2年前は福井県にある「水島」という北陸のハワイとも言われている海にでかける計画をしていたのですが、

パニック障害の症状が酷く、断念しざる負えませんでした。

 

約束していた相手にも申し訳ない気持ちでいっぱいでしたし、もう水島に行くことはできないのではないかとさえ思いました。

 

1年前の夏は身体と心が疲弊してちょうど休職していた時期にあたります。

 

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

 

一カ月間休んでいたのですが身体も心も疲弊していてとてもどこかに出かけようという気にはなりませんでした。

 

 

しかし、今年の夏はなんと、念願の水島へ行くことができました。

 

 

片道2時間ある道にも耐えて念願の海水浴を楽しみました。

 

もちろん私はパニック障害が完治レベルにはいたっておりません。

 

 

 

 

出発前は、起きたすぐ不安と緊張が押し寄せてきて脚がふわふわした感覚になります。

 

パニック障害の方ならよくわかると思うのですが、

貧血のように脚に力が入らなくなり、押されたら倒れてしまいそうといった感じです。

 

 

以前は近場に出かける時、ましては何もない日にいやなことを考えるだけでもその感覚はあったのですが、今は

 

・遠出をする時

・午前中か出かけるとき(午前中は普通の人でも自律神経が乱れがちなのでハードに感じます)

 

にのみ、この感覚と吐き気が訪れます。

 

 

 

不安になるのでお出かけ前にはアルプラゾラムを服用します。

正直この薬が効いているのかはわかりません。笑

 

ですが、この薬を飲むと気のせいだったとしても落ち着くことは確かです。

これを飲むと大丈夫と思えるのは私にとって心の支えとなっています。

 

 

最近の私は場合出かける2日ほど前が不安のピークで(2日前に体調を崩します)

当日の朝にもう一度不安が襲ってくるといった感じです。

 

移動中はもう大丈夫ということがほとんどで、

症状が起きる時間がお出かけを重ねるごとに少なくなっていっていることがわかります。

 

 

そして少しずつではあるのですが、お出かけ先で楽しい経験をすることによって外出=恐怖という感覚が薄れていっています。

 

海水浴とても楽しかったです(*'ω'*)

 

 

 

 

普段家でテレビを見たり、ブログを書いている時間が楽しいなと思うのですが、

外に出て遊ぶと現実からの逃れられる感じが良い。

 

 

あ、これだ。

パニック障害になる前に外出が好きだった自分が感じていた感覚が戻ってきています。

 

 

 

 

 

今までは外出すると気疲れがすごくて人の10倍ほどぐったりしていました。

いっそ外に出ない方が疲れないしずっと家から出ない生活をしたい・・・

 

と思っていたのですが、

疲労感が心が疲れているから身体が疲れているに最近変わってきています。

 

 

これは私にとって大きな変化です。

 

 

夏の祭典音楽フェスへ行ってみた

 

地元で開催される音楽フェスに誘われたため、出かけることにしました。

 

今まで音楽フェスに行ったことがない私にとって未知の世界でした。

 

 

人がいっぱいいるし暑いし大丈夫かな?

 

 

という心配が少しだけあったのですが、

今回は楽しみが強くなっていました。

純粋にお出かけが楽しみなんて感覚久しぶりでした。

 

今回は薬を常備はしておきますが飲まずに行ってみることに。

 

あと個人的にこれがあったら安心するアイテム

フリスク、飲み物も絶対常備です。

 

こちらに詳しく記述しています。

chelee.hatenablog.com

 

 

 

 

お昼もご飯を食べることができましたし、音楽を聴きながらまったりする時間も愛おしかったです。

 

 

開放的な空と空間、美味しい食べ物、

 

 

 

なんて幸せなんだー!!!

 

 

と感じることができました。

 

 

 

 

平成最後の夏、私は本来自分が楽しかったことを取り戻し、楽しさを感じることが増えました。

2年前の私は絶望しかありませんでしたが、こんなにお出かけを楽しむことができています。

 

パニック障害は絶対に良くなります。

 

 

 

 

 

セロトニンを増やす、薬を飲むことによって心をある程度安定させたのち、

パニック障害には、恐怖に立ち向かうこと、出先でポジティブな体験をし楽しいイメージを自分に植え付けることが大事だと思いました。

 

科学的な治療+認知行動療法をすること

シンプルですがこれがパニック障害克服への道です。

 

 

おすすめの認知行動療法はこちら

 

chelee.hatenablog.com

 

 

 

 

 

わたしも寛解に向けてもっと行動していきたいです。

そして経験をブログに書き、見てくれている方の励みになることができれば、うれしいしいです。

 

 

 

 

関連記事

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

 

 

森田療法とは?パニック障害克服のため認知行動療法

こんにちは!

突然ですが「森田療法」はご存知ですか?

私がパニック障害を治すためにどのような方法があるか調べていたときに行きついたのが森田療法でした。

 

薬物を使った治療方法ではなく認知行動療法です。

f:id:chelee:20180624161630p:plain

 

わたしは補助の役目にすぎず、行動していかなければパニック障害は治らないと思っています。

森田療法の考え方に共感ができ、参考にしてしていきたいと思ったので今回書いていきます。

 

 

森田療法とは神経症パニック障害などの総称)を治す治療法で80年前から唱えられています。

様々な神経療法が表れては消えていく中で、森田療法はその成立から現在まで、治療法として80年間継続してきた実績がある方法です。

 

 

 

 

森田療法は元来入院をして行うものでしたが、外来でも森田療法を取り入れた治療をおこなっています。

 

 

森田療法とは

 

 

森田療法でいう神経症とは

大きく分けて3つ存在します。

 

1.心臓神経症 胃腸神経症などのように身体的な不安を主とするもの

2.対人恐怖症 場面恐怖などのように社会的な場面での緊張・不安を主とするもの

3.不潔恐怖症 不完全恐怖症などのように安全感の侵害に対する不安を主とするもの

 

 

 

全ての神経症に共通する特徴は、その強い不安緊張です。

f:id:chelee:20180725183159p:plain

 

電車にのれない(心臓神経症 胃腸神経症)、

会議や会食に出られない(対人恐怖症、場面恐怖症)など生活の中でさまざまな支障が起こっています。

 

森田療法では症状の不安をそのままにしてとりあえずその人の行動や生活を改善することから治療に入っていきます。

 

 

不安神経症の人に対して不安を完全になくしてから行動するのではなく

「仕事にいかなくてはならない」「もっと積極的な生活をしたい」といった、

その人本来の現実的な欲求や向上心に沿って、行動を変えていくようにアドバイスしサポートしていくのです。

 

森田療法は他の精神療法を比べて実際的、行動的なものです。

 

 

 

症状はトラウマによって生じているものではなく、

人間には誰にでもある不安の表れであり、不安が現実との関わりの中で大きな位置を占めるようになってしまったものと考えます。

 

過去のことではなく、今ここで自分の生き方や生活を自己責任において選択し、実践していくです。

 

 

森田療法のの神経症の考え方

 

1.神経症は動悸や息苦しさに対し不安が生じた結果、その感覚に対して意識し、注意を向けるようになる。

 その感覚に対して意識し、注意を向けるようになります。意識・注意の結果としてその感覚がさらに敏感になってしまう。

 

 

 

2.不安を避けようとする「はからい」すなわち症状が起きそうな場面を回避することや、

 症状が起きないようにあらかじめ工夫するなど、はからうことによってさらに症状の重大性が増していくという悪循環が加わっていく。

 

 

この2つの悪循環によって症状が形成・維持されていくという理論が森田療法です。

 

 

 

森田神経質体質

 

 

森田療法には適した性格の人がいます。

それはずばり、神経質の方です。

そもそも神経症にかかる方はほとんど神経質なタイプ

以下の性格に当てはまる人は森田療法に適した人で、森田神経質と呼びます。

 

・生の欲望が強い

・理知的

・意欲的

・感受性が鋭い

 

といった要素からなり本人の性格に森田神経質の要素が含まれています。

 

 

森田療法の方法

 

1.症状リスト作成 

現在悩んでいる症状が起こる場面とその場における不安に対して行っている回避行動の一覧表を作成する 。

2.森田療法を知る

森田療法に関する本を読み森田療法の考え方を知り、回避行動(はからい)を辞めてそのまま場面に入っていくことを目標とする。

 

 

生きている限りは付きまとう不安を素直に認めて、日々の生活の中で不安の解消に向けて努力していくことがやがて神経質でも生きられる自信につながっていきます。

 

完全主義

神経質な方は完璧主義な傾向があります。

物事が完璧にできないと自分を責めてしまう癖ありませんか?

 

自分を許して8割できていれば次に進むと決めましょう。

 

 

過去へのこだわりと先取り不安

神経症に陥ると目の前のことよりも、もう過ぎてしまった過去の失敗やまだやってこない未来への不安に意識が行きます。

 

これは心当たりあり!('ω')

 

これも神経症の一種なんですね。

 

今に意識が向かないことが多いです。

今に目を向けていく考え方に切り替えていきたいと思います。

 

 

人間性の事実

雨の日が続くと気分がさえず、雨がやんで晴れた日の朝は気分が良い

そんなあたりまえのことが理解できなくなります。

 

 

これ、はっとさせられました。

 

こんな簡単なことなのに気づけないんです。

 

 

 

気分は変化するものという前提にあるということが気づけないんですね。

 

神経質の人は理想的な状態が常にあるものと欲を出し、

理想的なコンディションやプラス思考にこだわって逆に悪いコンディションやマイナスな考えを変えようとします。 

しかし思考によって気分を変えることは難しい、神経症の病理は体験する前に考えすぎて一種の「知的操作の病理」にはまりこんでいくものです。

 

 

 

 

 

行動してみて人間性の真実に気づくことが特効薬です。

身についてしまった「とらわれ」を落とすためにははからいをやめて、

いっそ運を天に任せる!くらいに考えていこうと思います。

 

 

関連記事

 

 

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

 

 

 

 

睡眠障害の心的要因を解消!模様替えで不眠症が改善した話 

こんにちは!

模様替えをしてことで睡眠障害が解消したわたしの体験談を書いていきたいと思います。

模様替えでリラックス効果が高まった!と実感しています。

f:id:chelee:20180528124047j:image

 

 

わたしは睡眠障害に悩まされています。

 

f:id:chelee:20180804213617p:plain

精神状態によってすぐ眠れなくなります。

とても敏感です笑

 

睡眠障害の種類には大きく分けて3つあると言われています。

 

 

入眠困難・・・なかなか寝付けない。

中途覚醒・・・夜中に何度も起きる。

早朝覚醒・・・希望する起床時間より2時間早く目が覚める。

熟眠障害・・・眠りが浅く、熟睡感がない。

 

 

どれもあてはまるのですが、模様替えをしてから症状が軽くなったと感じます。

 

 

 

 

模様替えの効果

 

f:id:chelee:20180804213924p:plain

模様替えと聞くと枕の向きや風水といったことを思い浮かべます。

この方角にこれを置くと運気がアップするとか

北枕は実はよい

だとか・・・

 

しかしわたしの寝室は6畳しかありません

 

風水を気にして配置を考えたら

家具を置けなくなるよーー!!('ω')

 

 

 

広い部屋でないかぎり風水を気にしすぎるのは良くないです。

逆に過ごしにくい部屋になってしまいます。

 

風水を考えなくとも

 

模様替えは気持ちを切り替えてくれる効果があります。

 

ストレスがたまった時いきなり掃除がしたくなることありませんか?

 

心のもやを物理的に部屋を掃除をすることで心をすかっとさせる効果があるんです。

 

また、この状況を打破したいと思たったり、不安を解消させたいという思いが

模様替えをしたいという心理につながるそうです。

 

実際模様替えしただけで違う部屋にいる気分になりますよね。

 

心機一転したいという方にとって

模様替えすることは効果的であるといえます。

 

模様替えは不眠症改善につながる

 

寝れない理由の一つにベットに入った時

「今日も寝れないのか・・・」

と考えてしまうことです。

 

セロトニンが出ていないためにメラトニンがでないであるとか

科学的な原因はあります。

 

chelee.hatenablog.com

 

しかし不眠には心理的な要因が大きいと考えます。

 

例えば

こたつでうとうとうとしていたのにベットにはいると眠気が飛んで行った

という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

ここで寝なければならない

 

 

という強い意志が心に緊張、ストレスを感じさせ

逆に眠れなくさせているのです。

 

この場所で寝なければならない=でも寝れない

 

という毎日の刷り込みが一番あなたを眠れなくさせています。

 

そこで模様替えをします。

 

すると

 

部屋の雰囲気がいつもと違って感じる。

天井が見える感じが違う。

明かりが入ってくる量が異なる。

 

いつも考えてしまう

 

この場所で寝なければならない=でも寝れない

 

という式が眠れなかった過去の場所と異なると認識し、脳内で崩れます。

 

ここはいつもの寝られない場所とは違うんだ!

 

と脳に思わせることが大事なんですね。

 

実際模様替えした日から

寝つきが断然よくなりました。

 

そう簡単に引っ越しがポンポンできるもんではありませんよね?

お金をかけずに部屋の雰囲気を変えることができる模様替えはオススメです。

 

 

 

 

部屋の動線を考える

「お部屋の動線」という言葉をきいたことはあるでしょうか。

自分が部屋の中でどう行動しているか考えてみてください。

 

わたしはいままで部屋にはいってベットまでの距離(ドアから入って直線上にベットがありました)およそ4歩ほどしか部屋を歩いていませんでした。

なんだかこの部屋は落ち着かないし寝る以外に自分の部屋にいることはほとんどありませんでした。

 

そこでベットの位置をドアの真横に置き、ベッドに行くまでのなるべく部屋を歩くような置き方にしてみました。

 

すると部屋が広く感じ落ち着くようになりました。

 

今まで使っていなかったデットスペースが価値のある場所となったのです。

 

模様替えするうえで部屋を自分の動線に合わせて家具を置くということは結構重要です。

 

昔の部屋と同じ家具の置き方にしてみる

 

私は2年前くらいに一人暮らしをしていました。

その部屋はとても落ち着くのですが、帰省して実家に帰ると自分の部屋が異様に落ち着かないと思っていました。

それが最近までずっと続いていて。

 

模様替えをする際、落ち着いていた一人暮らしの部屋を再現しようと思ったのです。

テレビ、ベッド、窓の位置を考慮し前にいた部屋に近づけました。

 

やはり

 

落ち着く!

 

落ち着いていた部屋を再現するのはリラックスするのに最適であると思いました。

 

逆に模様替えをすると落ち着けなくなった・・・という経験がある方もいると思います。

 

自分の落ち着く空間を探ることって心のために結構大事なんだよ!

と主張したいです。

 

以上

模様替えでリラックスした部屋を作る

脳の刷り込みを書き換える

それにより不眠症を和らげることができた

わたしの体験談でした。

 

だまされたと思ってあなたの模様替えしてみてください。

心がすかっとしますし、模様替えをする時に必然的に掃除もするので一石二鳥です。

 

 

 

ほかの睡眠障害に効果があった話をリンクしておきますね^^

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

【とにかくウツなOLの、人生を変える1か月 】のメンタルトレーニングを実際にやってみた②

 

こんにちは!

今回ははあちゅうさん著書の【とにかくウツなOLの、人生を変える1か月 】の中から簡単に私生活に取り入れられる心にゆとりを持つ方法について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

chelee.hatenablog.com

 

この記事が第一弾なので是非こちらから読んでほしいです。

 

 

 

 10時間寝た時あなたなたどうとらえますか?

 

10時間も寝てしまったと考えるタイプ

それとも

10時間寝れてラッキーととらえるかタイプですか?

 

 

f:id:chelee:20180709203017p:plain

 

同じ10時間寝たなら後者の10時間寝れてラッキーと捉える方が気分的に得しますよね!

 

前者の10時間も寝てしまったと考えてしまう人は自分を責める責めぐせがついている可能性があります。

 

後悔ばかりしないで淡々とその瞬間を楽しむことができれば人生楽しくなるなと思うのです。

目の前のことに意識をちゃんと向けると心は落ち着いてきます。

 

事実は変えられないけど意味付けは自分で変えられます。

 

 

 

 

ポジティブな意味づけをする練習をしてみましょう。

 

 

f:id:chelee:20180702134729p:plain

すぐに意識を変えるのは自分の思考の癖がついてしまっているので難しいかと思いますが、ポジティブな意味づけをする練習を日々していると本当にポジティブに考えることができるようになります。

 

 

わたしはもともと前者タイプだったのですが、うつ病にかかるまで、うつ病にかかってからは後者のタイプになってしまった気がします・・・

 

ですから、逆もしかりでポジティブな意味づけができるようにもなると思うのです。

 

 

自分で自分を不幸せにしているという癖に気づいてあげましょう。

 

 

 

プラスαを加える

 

プラスαを加えるというのは

例えば

いつものごはんに小鉢を一つ多めに注文する

のような簡単なことです。

いつも買う100円のアイスから今日は130円の少し高級なアイスを買ってみる

今夜はいつもより良いトリートメントを使用してみる

など

 

物事に小さな付加価値をつけてあげるだけでちっぽけだと思っていた小さな価値が想像以上に満足感を得ることができます。

 

日々我慢しすぎていませんか?

 

自制心をちょっとだけ取り払ってたまには贅沢気分を味わってみましょう。

 

少しの贅沢をするだけで生活が豊かになった気分が堪能できますよ。

 

 

 

 

 

 

お風呂に入る

 

f:id:chelee:20180803221937p:plain

いつも忙しくてお風呂にゆっくりとつかっていないな

という方

 

お風呂にはいるだけで生活がきちんとする感じがします。

 

 

バスタイムって生活の中で最もリラックスできる時間といっても過言ではないと思うのです。

身体はもちろんのこと心の面でも。

 

なんの入浴剤を入れよう、お風呂で何の音楽を聴こう

 

考えているだけでもわくわくします。

 

お気に入りのお茶を飲む

 

f:id:chelee:20180803222059p:plain

 

これは私が一番真似したい!と思ったことです。

 

 

 

この本でティータイムが非常に印象的です。

カウンセリング中にカウンセラーヒカリさんはいつも違ったお茶を用意してくれています。

本の中で次はどんなお茶が登場するもか楽しみになっていました笑

 

お茶を堪能することで

自分の人生ここにあると意識する

効果があります。

 

家に帰って一息つく際に、少し良いティーパックを買ってお茶一杯いれてみてください。

 

 おすすめはこちら。

おいしいハーブティー ムーンガーデン×100個
by カエレバ

chelee.hatenablog.com

chelee.hatenablog.com

 

 

仕事が忙しいときでもティータイムを作ってあげると心に余裕ができます。

 

仕事忙しいな、、苦痛だな、、と思っているだけじゃなく

仕事の合間にちょっとした楽しみを作ることも自分次第でできるのです!

 

 

決めたことをどんなに小さいことでもやるのが丁寧な暮らしです。

 

変わろうと思った瞬間に変われない人はどこにいたって何をしたって変われない。

 

 

どんなに忙しい日々でも自分で心のゆとりは作ることはできます。

 

 

 

 

番外編

 

1つ心に残っている言葉があったのでご紹介したいと思います。

 

 

意志の弱い人間なんていない。

自分は意志が弱いと思っている人と強いと思っている人の二種類だけ。

自分がそう信じれば変えられる。  

 

 

 

私は最近自分の意志が弱いから今の状況を作っているのではないかと悩むことがありました。

 

そんなの時にこの言葉に救われました。

 

気持ちがかわるだけで自分は変わっていく

 

そう思います。

 

とにかくウツなOLの、人生を変える1か月を通じて自分の心と向き合うことで人生を変えることができるというのは過言ではないと思いました。

 

状況を変えるのではなく気持ちを変えることが人生を変えることになる

 

状況を悔やむのではなく、気持ちを変えていきたいと思います。

 

 

 

関連記事

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com