あーりーの自律神経

あーりーの自律神経

メンタル、健康を保ちたい方のための心を癒す情報収集所

セルフコンパッション!自己肯定感を高めてうつ病を治す方法!

 

今回はわたしが心が軽くなった考え方、自分を許すことができるようになる方法セルフコンパッションについて書いていきたいと思います。

 

 

 

うつ病の人は自己肯定感が低い傾向にあると前記事で書きました。

 

 

 

(記事の下にもリンク貼っておくので後で見てみてください!)

chelee.hatenablog.com

 

(こちらでは潜在意識に働きかけることで自己肯定感を高めることができるということを書いています。)

 

 

わたしは完璧主義で自分をなかな許してあげることができない性格です。

 

性格というかより会人になって自分ができないことがたくさんあることを許せなくて自分がみじめになり、自分が嫌いになっていったといった方が適切かもしれません。

 

徐々に仕事以外のことでも自分はなにもできないのではないかと自己暗示をかけてしまうことが多く、自己肯定感が低空飛行になってしまっています。

 

そこでセルフコンパッションという言葉に出会いました。

 

 

セルフコンパッションってなに?

 

セルフコンパッション・・・自分を許すことができる能力

 

この言葉はdaigoさんのニコニコ生放送で初めて聞きました。

是非動画上がっているので見てみてください。

 

セルフコンパッション(自分を許すことができる能力)が低いと物事を後伸ばしにする傾向があるようです。

 

その理由は自分を許すことができない→自己批判→自信がなくなる→不安が高まる→物事を先延ばしにしてしまう

 

ということが起きます

 

心あたりありませんか???

 

びくびく物事を悪い方に考えて、怯えてしまって行動に移すことができないということがあります。

 

パニック障害ってそういうことだと思うんです。

 

行動に起こす前から発作がおきるのではないかと予期不安をしてしまい行動に起こすことができない

結果、なにもできない自分を責めて自分が嫌いになる

 

これを繰り返して自己肯定感が低くなっていくのがわたしあるあるです( ;∀;)

 

 

 

セルフコンパッションが低い人と高い人

 

自分を受け入れることができる人の方が成功するらしいです。

自分に厳しい人が上手くいく訳ではないんですね・・・

 

セルフコンパッションの能力が高い人ほどストレスが少ない、先延ばしをしない

ため成功するようです。

 

考えるより行動に移せる人って成果を出せる人だと今まで出会った人を見ていても思います。

 

自分はダメなんだ・・と批判的になっている人やるべきことに手が付けられなくなる。

セルフコンパッションが低い人は人生を損しているような気がしますよね?

 

 

ネガティブを受け入れることで強くなれる

 

完璧主義の人は自分に厳しい人が多い

そのため自分のネガティブポイントに向き合う前に自分はダメだと判断を下してただただ自己否定のみしています。

 

逆にネガティブを受け入れることができる人は自分のウイークポイントをしっかりと知り、受け入れることができる人はウイークポイントごと自分を受け入れることができる。

→何があっても動じない自分でいられるのです。

 

 

 

セルフコンパッションを高める方法

 

4つ方法を書いていきます。

 

 

・人生をゲーム化する

自分の人生をゲームと思うことです。

 

 

 

・・・なかなか難しい

 

人生のどん底でもうだめかもしれない・・・と思ったときに

私はこんな言葉に救われました。

 

 

人生は死ぬまで暇つぶし

 

一回失敗したからといって人生が終わると思うほど悲観しなくていいんだ。

 

 

自分の人生に期待しすぎていませんか?

 

きっと人生って劇的に楽しいことってそんなにないし嫌なことの方が

もしかしたら多いのかもしれない

 

事あるごとに真剣に向き合いすぎていたら精神がもたない

 

何事も暇つぶし、ゲームなんだ

 

という言葉を心に残しておくことで気が楽になります。

 

 

 

周りに一人はいると思うのですが、

行き当たりばったり生きている人の方が人生楽しそうじゃないですか?笑

 

神経質に考えすぎず生きたいものですね。

 

 

 

・もし友達が自分の状況ならなんて声をかけるか

 

うつの人は自分に厳しい人が多いと言われています。

 

身体や心を壊して休まなければいけないときも自分を追い込んでもっと頑張らんければ!と思ってしまう人が多いです。

 

そんなとき客観的に自分を見てみてください。

 

もし自分の友達がうつ病になっていたら

もっと頑張れ!今すぐ働かなきゃ!

 

って言いますか?

言いませんよね

 

今はゆっくり身体を休めるときだから今はゆっくり休んでね

 

と私ならば声をかけます。

 

自分を責めそうになったときに自分を客観的に見て自分にどう声

をかけるか

を意識するようにしています。

 

そうすると心がぐっと休まります。

 

 

 

・感情カードを作る

 

自分のつらかった経験を思い出し、批判的なセリフを書きます。(カード1)

その批判的なセリフに対する優しい言葉、自分がとれる行動を考えてカードに書きます。(カード2)

 

カード2を批判的なことが浮かんだら見て、批判的な感情を優しく考え直す訓練をします。

 

この思考トレーニングをすることで考えが矯正されていきます。

 

・自分の感情をブレスレットを使って認識させる

 

ブレスレッドじゃなくてヘアゴムでもなんでもOKです。

 

批判的な感情になったら左手にブレスレットをかける。

気持ちが戻ったら右手にブレスレッドを戻します。

 

これをすることによって自分は今どんな感情なのか自身で認識することができます。

 

自分の気持ちを知ることで自分を見つめることができ、気持ちが整理されます。

 

あれ?自分を見つめるってどこかで聞いたことがありませんか??

 

 

 

瞑想です!

 

じっとするのが苦手という人はブレスレットを付け替える方法をオススメします^^

 

 

 

以上

セルフコンパッションを高める方法について書きました。

 

どれもすぐに実践できる方法ばかりなのでぜひやってみてください!

 

 

関連記事です。

 

chelee.hatenablog.com

 

 

chelee.hatenablog.com

 

 

 

chelee.hatenablog.com